KOOL LIFE

ファッションとかロックンロールとかラジオとか

無地Tシャツ 〜 ギルダンとユナイテッドアスレを比較

f:id:jp_ramone:20201022094315j:image

 

無地Tシャツ、ここ2〜3年流行ってますよね。

『俺も流行りを追って〜』なんてことはなく、普段から1年を通して着ています。

以前はヘインズの3枚入り一択だった気がしますが、今はサイズもカラーも豊富になりましたね。

買う時に気をつけるのが100%コットンということ、それと1番重要なのが生地の厚みです。

真夏に薄っぺらいTシャツで乳首が透けてるおじさんはいただけません…。
グレーのTシャツで汗だくのおじさんも見れたもんじゃないので、基本的にTシャツは白と黒しか着ません。
いつでもスタイリッシュにいたいものです。

毎年色々着比べた結果、5.0oz以上の厚みの物が良いと思い、今はユナイテッドアスレの5.6ozとギルダンの6.0ozの物がメインになっています。

今回はこの2つのブランドを採寸比較してみようと思います。

Mサイズ、洗濯機で洗濯後、乾燥機は使わずに乾かした物を

身幅(背中側で脇の下〜脇の下)
肩幅(背中側袖の付け根〜付け根)
着丈(背中側リブ下〜裾)
袖丈(肩〜袖口)
で計測しました。

ギルダン 6.0oz

f:id:jp_ramone:20201022092155j:image


身幅 50.0cm
肩幅 47.0cm
着丈 69.5cm
袖丈 17.0cm 
袖口 19.0cm

 

ユナイテッドアスレ 5.6oz

f:id:jp_ramone:20201022094211j:image


身幅 49.5cm
肩幅 43.0cm
着丈 66.0cm
袖丈 21.0cm
袖口 17.5cm

 

まとめ 

こうやって測ると同じMサイズでもかなり違うものですね。
生地も数値上はギルダンの方が厚いはずですが、着た感じは何故かユナイテッドアスレの方がしっかりしてる印象です。

自分はジャストサイズで着ますが、今はオーバーサイズで着る人も増えてるのでサイズ感も好みですね。

クルーネックも良いですが、Vネックやヘンリーネック、リンガーTも好きでよく着ています。
それはまた改めて紹介したいと思います。